未分類

コンビニのパンに依存していた危険な過去を告白します

更新日:

ダイエットしようと思っているんですが、コンビニのパンをついつい買ってしまいます。

今のような食生活では痩せることは難しいでしょうか?

カロリーが多いことはわかっています。

どのような点に気をつければいいですか?

 

 

こんな方におすすめ

 

  • コンビニのパンが大好きな人
  • 油っぽい食事をなかなかヤメられない人
  • コンビニのパンで太ってしまった人
  • ダイエット中にパンを食べるときの注意するポイントは?

 

このような悩みに答えていきます。

 

 

コンビニのパンに依存していた危険な過去を告白します

まず、僕自身の体験としてコンビニのパンに依存していた時期のことを話したいと思います。

今でこそ、みなさんにダイエットインストラクターとしてダイエットのサポートをする立場になりました。

ですが、僕はもともと大食いで炭水化物が大好き。満腹になるのが何よりの幸せという人間でした。

 

なので、社会人になってからも運動をしていた学生の頃の食習慣がしばらく抜けませんでした。

いつも頭の片隅には『たくさん食べても運動すれば簡単に痩せられるだろう』という打算のようなものがあったのだと思います。

 

その食習慣のまま20代後半になると、健康診断で【中性脂肪とコレステロールの異常】を指摘されるようになりました。

 

完全に生活習慣病だと言われました。

 

原因について考えると、特に酷かったのがコンビニのパンの食べすぎです。

 

仕事ではノルマを課せられてストレスと向き合う毎日。

そして、長時間の労働。

 

飲食店の店長時代は毎日15時間以上は働いていました。

 

帰り道はふらふらになりながら、1日頑張った自分へのご褒美にコンビニのパンを大量に買うようになりました。

ストレス解消もありますが、食べる行為が生きていることを実感する瞬間だったのです。

 

カラダに良くないとはわかっていながら、1回に4~5個のパンを買っていました。

食欲に負けてしまい、表示されているカロリーを無視してまで食べていたぐらいです。

 

 

この記事では、僕がよく食べていた3個のパンを紹介します。

そして、当時、どのような栄養状態だったのかを解説していきます。

 

僕はこの3種類のパンをよく食べていました。

おそらく、みなさんの中にも『安くてお腹がいっぱいになりたい』という理由で、コンビニのパンを買っている人がいるはずです。

 

では、これらの商品から、

どれぐらいのカロリーを摂取していたのか?

どれぐらいカラダに負担をかけていたのか?

を紹介していきます。

 

こんな自堕落な体験談を持つ管理人のkiiioですが、実は栄養士の資格を持っています。

そして、フィットネスのトレーナーをしていたこともあります。

 

昔はベンチプレスを100kg以上挙げるような、ゴリゴリのフィットネス野郎でした。

 

こんな健康関連の仕事をしていたにもかかわらず、飲食での独立を目指してからストレスに負けるようになりました。

 

カラダのプロが、ありえないような食生活を選ぶようになっています。

もしかしたら、『意志が弱い』と言われるかもしれません。

 

その通りです。

 

ですが、現代は競争の連続でストレスが溜まりやすい社会です。

僕のように食べることでストレスを解消している人も少なくないのではないでしょうか?

 

自分をフォローするわけではありませんが、ちょっとしたキッカケで誰もが太る可能性を持っているということを知ってもらえたらと思います。

 

 

もし、同じような食生活をしている人がいたら、踏み止まる機会になれば有難いです。

 

 

コク旨仕立てのシーチキンマヨネーズ

マヨラーではありませんが、コンビニ行くとマヨネーズを使ったパンを好んで買っていました。

ツナマヨネーズがないときはコーンマヨネーズを代わり買っていましたね。

 

これが、ツナマヨネーズの気になる栄養成分です。

カロリー:313kcal

脂質:17.6g

炭水化物:31.2g

パン1個だけの栄養成分を見ると『ちょっと脂質が多めかな?』ぐらいの感覚だと思います。

ですが、パンが好きな人は1個では満足しないはずです。

わかりやすくおにぎりと比較しますが、おにぎりは1個のカロリーが200kcal前後、脂質は5g以下です。

惣菜パン1個のカロリーと脂質の高さがわかると思います。

 

【食品添加物】

では、ツナマヨネーズの食品添加物にどのようなものが入っているのでしょうか?

 

ツナマヨネーズの食品添加物

多い順に

①乳化剤

②調味料(アミノ酸等)

③甘味料(トレハロース)

④酢酸Na

⑤増粘多糖類  

⑥香料

⑦ビタミンC

⑧香辛料抽出物

⑨酸化防止剤(ビタミンE)

⑩着色料(カロチン、クチナシ)

⑪その他(一部に卵・小麦・乳成分・オレンジ・大豆・ゼラチンを含む)

 

1個のパンにザッと11種類の食品添加物が使用されています。

※実際は、調味料(アミノ酸等)の『等』に複数の添加物が使用されているので、さらに多くの添加物が使用されていることになります。

 

ここでは、個別の添加物については説明しませんので、気になる場合はgoogle先生に聞いてみてください(笑)

 

市販のパンというのは、これだけの添加物を入れた上であの味、香り、食感、賞味期限を維持しているということを知っておくといいと思います。

 

 

ビーフの旨みカレーパン

僕はカレーが大好物です。それは今も変わりません。

もし、あなたがカレーが好きなら、脂質が多いことは知っていると思います。

 

そして、パン粉がついたものを揚げると一気に脂質が上昇します。

衣のパン粉が油分を吸収するからです。

 

では、カレーパンの気になる栄養成分です。

カロリー:404kcal

脂質:23.8g

炭水化物:39.1g

このカレーパン1個で、おにぎり2個分のカロリー、5個分の脂質と考えれば、どれだけ消化に負担がかかる食べ物かがわかるのではないでしょうか?

 

食物繊維はほとんど含まれていませんので、血糖値の上昇も激しくなります。

僕の当時の腸内環境は最悪だったと思います。

 

しかも、食べていたパンの個数はこれだけではないのですから、太らないわけがありません。

 

【食品添加物】

カレーパンの食品添加物はどうでしょうか?

 

カレーパンの食品添加物

添加物が多い順に

①加工デンプン

②カラメル色素

③調味料(アミノ酸)

④グリシン 

⑤乳化剤 

⑥膨張剤 

⑦酢酸Na 

⑧増粘剤(増粘多糖類、メチルセルロース) 

⑨イーストフード 

⑩酸化防止剤(V.E)

⑪キシロース 

⑫グリセリンエステル 

⑬V.C 

⑭その他(一部に乳成分・卵・小麦・牛肉・大豆・とり肉・豚肉・りんごを含む)

 

全部で14種類の食品添加物が入っています。

カレーパン1個で14種類の添加物を食べています。

 

食品添加物に詳しい人が見たら卒倒するレベルです!!

 

複雑な味や香りや食感を作り出そうとすればするほど、添加物の量は増えることになります。

 

参考

ちなみに、【内閣府 食品安全委員会】と検索すると個別の食品添加物のリスクについての検証結果が公表されていますので、興味のある方はどうぞ。

 

『市販のカレーパンを一定期間食べ続けると体にどのような影響が出るか』については不明です。

14種類の添加物が同時に体内に入ったときの臨床実験というものは存在しません。

 

ということは、あなた自身がモルモット同然という意味です。

体に違和感を感じたときにどのように判断するかはあなた次第ということになります。

 

 

香るバターのサックリメロンパン

メロンパンです。

 

僕はメロンパンの周りのサクサクした甘い部分が大好物でした。

それを食事の最後に食べるのが至福のひとときだったぐらいです。

 

メロンパンの気になる栄養成分です。

カロリー322kcal

脂質:13.4g

炭水化物:43.1g

メロンパンは、生地にバターや砂糖を混ぜて、さらにバターや砂糖の生地で包んで焼いています。

脂質や糖質が高くなるのもうなずけます。

 

工場で作られるパンは、原材料にショートニングやファットスプレッドが含まれるので、トランス脂肪酸が多く含まれています。

 

ショートニングとファットスプレッドの配合割合は不明ですが、5~10%のトランス脂肪酸が含まれているはずです。

1個のメロンパンで1g程度のトランス脂肪酸を摂取していると思って間違いありません。

 

WHO(世界保健機構)やFAO(国連食糧農業機関)では、『1日の総摂取カロリーの1%未満にしないと心疾患のリスクが高まる』と言っています。

 

僕がパンばかり食べていたときは、恐らく1回の食事で4~5g程度はトランス脂肪酸を摂取していたことになります。

 

つまり、成人男性の1日の摂取カロリーの1%を余裕でオーバーするトランス脂肪酸を何年も摂取していました。

 

『中食(コンビニ)や外食(飲食店)の多用による高脂質の食生活が心疾患を招く恐れがある』と厚生労働省のホームページでも記載されています。

ほとんどの人は厚生労働省のホームページをチェックすることはないはずです。

でも、公的な機関が『ちゃんとお知らせしてますよ。食べ過ぎて病気になっても知らないですよ。』と警告してるわけです。

 

 

【食品添加物】

最後にメロンパンの食品添加物についてです。

 

メロンパンの食品添加物

添加物が多い順に

①乳化剤 

②糊料(増粘多糖類) 

③膨張剤 

④カロテノイド色素 

⑤イーストフード 

⑥塩化マグネシウム含有物 

⑦V.C 

⑧その他(一部に乳成分・卵・小麦・大豆を含む)

 

シンプルな材料で作られたメロンパンでも8種類の食品添加物が含まれています。

 

ここで、3個のパンに含まれていた食品添加物の種類をまとめます。

3個のパンに入っていた食品添加物

①乳化剤 ②調味料(アミノ酸等) ③甘味料(トレハロース) ④酢酸Na ⑤増粘多糖類 ⑥増粘剤(増粘多糖類、メチルセルロース) ⑦糊料(増粘多糖類) ⑧香料 ⑨香辛料抽出物 ⑩ビタミンC ⑪酸化防止剤(ビタミンE) ⑫着色料(カロチン、クチナシ) ⑬カラメル色素 ⑭カロテノイド色素 ⑮加工デンプン ⑯グリシン ⑰膨張剤 ⑱イーストフード ⑲キシロース ⑳グリセリンエステル 21塩化マグネシウム含有物 22その他(一部に卵・小麦・乳成分・オレンジ・大豆・ゼラチンを含む)

同じものは除外しましたが、合計で22種類の食品添加物が入っていました。

 

何気なく買って食べている3個のパンに22種類も食品添加物が入っていたんです。

僕はコンビニ中心の食生活を仕事のストレスが強くなってから5年以上は続けていたと思います。

 

毎日の仕事に必死で食生活のことを振り返りもしませんでした。

 

油と食品添加物についての補足

まず、解説してきたコンビニのパンについてですが、【使用される油の質】【食品添加物】が大きなポイントになると思います。

 

【使用される油の質】

『飽和脂肪酸』『オメガ6系』の脂質の過剰摂取が心疾患や動脈硬化のリスクにつながっています。

コンビニのパンはもちろん、ファストフード、加工食品などにはほぼそれらの油が使用されています。

 

良い油として、『オメガ3系』のDHA、EPAなどの魚に含まれる油は生活習慣病の予防に効果があることがわかっています。

また、「オメガ9系』のオリーブオイルやアボカドオイルなども動脈硬化や高血圧の予防に効果があることがわかっています。

同じ油であっても、摂取を控えたほうがいい油と積極的な摂取が望ましい油に分かれることを理解しておいてください。

 

【食品添加物】

食品添加物は体への影響について明確な線引きをするのが難しいというのが現実です。

それは、日本特有のグレーな基準と関係しています。

海外では毒性が強いため規制されている添加物が日本では使用されている。

イーストフードのように20品ほどの添加物の中から5品ほどピックアップして混ぜ合わせて使用しているものがある。どの添加物が組み合わされているかは不明です。

複数の添加物が使用されていてもカテゴリーとして【調味料】などのように一括表示されているものがある。

原材料の製造過程で使用されている添加物については『キャリーオーバー』といって表示が免除されている。

 

つまり、私たちは使用されている食品添加物のすべてを見せてもらっているわけではありません。

なので、「リスクがありそうなものは極力避けましょう」というのが僕の見解になります。

と同時にスーパーなどで買い物をする以上は添加物の使用を0にするのは至難の業だと思います。

あまり神経質になり過ぎずに『現状よりも減らすことを心掛ける』のが適切な選択ではないでしょうか?

 

食品添加物について詳しく知りたい方は2人の専門家の本を読んでみることをオススメします。

安部司・・・食品添加物を駆使して商品を作っていた食品製造のエキスパート。現在は食品添加物のリアルな情報を講演会を通じて紹介されています。著書では食品製造の裏側の情報を知ることが出来ます。

渡辺雄二・・・食品・環境・医療・バイオテクノロジーなどの科学系フリージャーナリスト。食品添加物のリスクに応じて食品を〇・△・✖と区別して読者にわかりやすく伝えてくれます。

 

糖質について

今回のテーマでは、情報量が多くなりすぎるため、糖質については掘り下げて解説していません。

糖質の過剰摂取は生活習慣病のリスクを高めるのに十分なものです。

紹介した3種類のパンについても、炭水化物=ほぼ糖質 ということを考えれば、113.4gは多いと感じます。

カロリー換算すると1食あたり、糖質のみで約450kcalを摂取している計算になります。

1日で考えると、糖質だけで1200~1300kcalです。

糖質での摂取カロリーを全体の50%と考えても1日に2500kcalは摂取している計算になりますので、やはり習慣化してしまうと糖質の過剰摂取と言わざるを得ません。

 

 

まとめ

今回は『コンビニのパンに依存していた危険な過去を告白します』というテーマで解説してきました。

 

ここで、3種類のパンをまとめた栄養のデータを紹介します。

これは、僕が頻繁に買って食べていた定番の3個のパンですね。

 

こちらが、1食分のデータです。

  シーチキンマヨネーズ カレーパン メロンパン 総量
カロリー(kcal) 313 404 322 1039
たんぱく質(g) 7.4 8.3 7.3 23.0
脂質(g) 17.6 23.8 13.4 54.8
炭水化物(g) 31.2 39.1 43.1 113.4
食塩相当量(g) 1.2 1.4 0.4 3.0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このデータを見てみると、

●1食のカロリーが 1000kcalオーバー

●脂質が 54.8g

●炭水化物が 113.4g

 

実際は4~5個のパンを食べていたわけですから、平均でこのデータの1.5倍ぐらいになっていたはずです。

すると、

●カロリーが 1500kcal

●脂質が 82.2g

●炭水化物が 170.1g

 

さらに、毎回、コーヒー牛乳の500mlを飲んでいました。

 

振り返るとゾッとするような食事です。

これで1食分です。

そして、これだけ食べているのに数時間すると空腹を感じ始めていました。

 

当時は若さで乗り切っていましたが、いつもお腹が張っていましたし、今、思えば体臭や便の匂いもひどかったはずです。

これは、酸化した油の影響が大きいと考えています。

 

1日に100g以上は飽和脂肪酸を摂取していたはずですから、そうなるのは当然です。

 

僕のカラダの変化としては、社会人になる前は63kgほどが標準体重でした。

 

ですが、ストレスからコンビニのパンを食べることが習慣になって、5年ほどで78kgまで増えています。

 

毎日、15時間以上も立ち仕事をしていて、

5年で+15kgも増えてしまいました。

 

今は特別な運動などはしていませんが、67kgで落ち着いています。

 

冬場になると頭皮がかゆくなりやすかったり、乾燥して夜中に肌を掻いてしまったり。

髪の毛が抜けやすかったり、疲れやすかったり、偏頭痛が出たり。

栄養不足はもちろん、今思えば、食品添加物の摂り過ぎもあると思っています。

 

僕が、このような食事をヤメた決め手になったのは、心臓が苦しくなることが何日も続いたからです。

心疾患の前兆だったのかもしれません。

 

このような経験から、食生活の改善や独自で栄養学を学びなおしました。(栄養士ですが・・・)

 

突き詰めていく中で、【血糖値の管理】と【腸内環境を整えること】が最善の健康法だと考えるようになりました。

それが、現在も僕の知識のベースになっています。

 

 

では、今回の記事をおさらいをしていきましょう。

まとめ

 

  • コンビニのパンに依存していた危険な過去を公開します

    社会人になってストレスを抱えるようになってからコンビニのパンを頻繁に食べるようになった。

    その結果、健康診断で生活習慣病の判定。

    中性脂肪とコレステロールが異常値

  • コク旨仕立てのシーチキンマヨネーズ

    カロリー:313kcal、脂質:17.6g、炭水化物:31.2g

    食品添加物:11種類

  • ビーフの旨みカレーパン

    カロリー:404kcal、脂質:23.8g、炭水化物:39.1g

    食品添加物:14種類

  • 香るバターのサックリメロンパン

    カロリー322kcal、脂質:13.4g、炭水化物:43.1g

    食品添加物:8種類

 

最終的にどのような食事を選択していくかはあなた自身が判断することになります。

 

特にコンビニのパンを否定しているわけではありません。

食べてもいいと思います。

 

ですが、冷静に考えて【過剰摂取をすればどのような結果になるか?】ということです。

コンビニは想像以上に私たちの身近にありますし、毎日、何品かは口にしている人もいるはずです。

 

まずは、あなた自身がリスクをコントロールできているかを考えてみて下さい。

 

僕のカラダに起きた変化を一つの例として参考にしてもらえたら、不摂生をしていた過去を公開した価値があったのかなと思います。

 

 

もし、あなたが今、ダイエット中だとしたら、恐らく食事の制限をして食欲と戦っているのではないでしょうか?

ダイエット中のパンはタブーですが、たまには食べたくなることもあるはずです。

最後に管理人kiiioも利用している、低糖質のパンを提供してくれるお店を3店紹介しておきますので、参考にしてみてください。

 

【低糖工房】

糖質の過剰摂取を気にされる方が、普段の食事を出来る限り変えることなく、美味しく・楽しく・安心して毎日の食事ができるようにしたい。

そんな思いでパンを提供してくれています。

食パン・クロワッサン・デニッシュなどの定番以外にもピザやロールケーキ、シュークリームなど、ダイエット中ではあり得ない商品も楽しむことができます。

 

【楽園フーズ】

店長の間宮たけ子さんは糖尿病を発症して食事制限をしています。

間宮さんご本人が大好きなパンやお菓子が食べられない辛さを経験して、自分で食べられるものを研究し、同じ悩みを持つ方のために商品開発を行なっています。

「美味しくて毎日食べられるものを作る」をコンセプトに頑張っている方です。

 

【フスボン】

契約農家の有機ふすまを使用したこだわりのパンを提供してくれるのがフスボン。

ダイエットにも最適な低糖質・高たんぱく質・高食物繊維です。

個包装された商品も用意されているので食べすぎを抑えて、ちょっぴり贅沢さを感じながらパンを味わえるはずです。

 

「コンビニのパンは美味しいけど、やっぱり毎日食べると健康のことが心配・・・」

そう考えている人は少なくありません。

 

今回、紹介した3店は日常の食生活に不安を感じている方の素晴らしい解決策になると思います。

もちろん、ダイエットにも安心して活用してください。

 

 

今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コードをコピー

-未分類

Copyright© 満腹のポコネッタ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.