切り方・保存

長ネギの下処理と冷凍保存方法

投稿日:

どうも、『すうぷらぼ』のkiiioです。

 

今日は、2020年の2月12日です。

2月5日から、コロナウィルスの拡大を警戒する配信をしています。

 

このブログでは、『食』という視点で、最悪の事態を想定して『どんな準備ができるのか?』を記事にしています。

 

『外出ができなくなった』

『店舗が締まって買い物ができない』

『食べ物が不足して、栄養が偏っている』

 

今後、感染の拡大や死者が増加すれば、中国と類似するような状況も考えられます。

 

そこで、一体、何日間、自宅の食材だけで過ごすことができるのか?

 

このあたりはしっかりとリスク管理するべきだと思います。

 

何も起こらなければラッキー。

事態が深刻になれば、全て自己責任です。

 

今回は、長ネギ『下処理』『冷凍保存方法』の2点について話していきます。

 

賢く、冷凍庫に食材をストックしておきましょう!!

 

こんな方におすすめ

  • ネギの下処理方法を知りたい
  • 冷凍保存する方法を教えて
  • 冷凍保存するメリットって何?

このような疑問を丁寧に解決していきます。

 

 

ネギの下処理方法を知りたい

今回は太めの長ネギを2本切っていきます。

重量は300gです。

 

 

【洗い・カット】

ネギにはいろいろな太さのものがあります。

 

下仁田ネギのような太いもの。

長ネギのように1.5cm幅ぐらいのもの。

わけぎや万能ネギのように細いもの。

 

種類は多様です。

 

ですが、ネギは写真のように地中に埋まっている野菜です。

 

長ネギで言えば、白い部分は土の中に埋まっていることになります。

 

こんな感じです。

 

なので、土汚れが綺麗に落ちているものを選ぶのが必須です。

皮を剥いだら、細くなってしまったということもありますので、注意して確認してみてください。

 

今回は、小口切り(輪切り)で切っていきます。

 

まず、最初にネギの表面に付いている水分をクッキングペーパーで拭き取りましょう。

冷凍するときは水分が凍るので、表面はできるだけ乾いた状態にします。

 

拭いたら、0.2cm幅に切りましょう。

 

全部切ると、写真のようになります。

 

冷凍保存する方法を教えて

カットしたネギをフリーザーバッグに入れます。

 

全体が平らになるように入れて、空気を抜きながらジップを締めます。

※ネギの繊維を潰すほど、空気を押し出すことはありません。

 

冷凍保存するメリットって何?

まず、ネギのデメリットは『長い』ので保存場所に困るということだと思います。

カットするとしたら、3等分ぐらいになるはずです。

 

買ってから、4~5日すると徐々にしなびてきますよね?

捨てないためにも、冷凍保存がオススメです。

 

今回のように小口切り(輪切り)で保存すると、汁物で使用するときに便利だと思います。

 

冷凍して、凍っていても、手のひらでグッと押せば崩れるので、必要な分だけ簡単に使うことができます。

 

冷凍庫に保存してある食材の一部です。

このように多めに購入して、下処理をしておくと、必要な分だけ使うことができます。

 

野菜を1~2品プラスするだけで、栄養バランスを効果的に整えることができます。

 

栄養バランスについての詳細は、

サプリメント中毒の人が馬鹿らしくなってしまうほどの完璧なスープとは

の記事を読むと、栄養バランスが取れる食事の秘訣が理解できるはずです。

 

ブログ内に『切り方・保存』のカテゴリーを作ってまとめてありますので、参考にしてみてください。

随時、更新していきます。

 

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コードをコピー

-切り方・保存

Copyright© 満腹のポコネッタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.