切り方・保存

ほうれんそうの下処理と冷凍保存方法

投稿日:

どうも、『すうぷらぼ』のkiiioです。

2020年も2月に入って、コロナウィルス関連のニュースが連日続いています。

 

ここでは、最悪の事態を想定した、個別の食品の保存について情報共有できればと考えています。

 

『外出できなくなった』『店舗が締まっている』『栄養が偏っている』

 

今後、感染が拡大すれば、日本もこのような可能性が少なくありません。

こんな状況に陥ったときに何日間、自宅の食材だけで乗り切れるか?

 

このあたりはしっかりリスク管理するべきだと思います。

なにもかも、自己責任の世の中ですよ。

 

今回は、ほうれんそうの『下処理』『冷凍保存方法』の2点について話していきます。

 

こんな方におすすめ

  • ほうれんそうの下処理方法を知りたい
  • 冷凍保存する方法を教えて
  • 冷凍保存するメリットって何?

 

このような疑問を丁寧に解決していきます。

 

ほうれんそうの下処理方法を知りたい

ほうれんそうを計量します。

1束で212.5gでした。

 

【洗い】

ほうれんそうは土や泥が付いています。

ボールにたっぷり水を入れて洗います。

 

特に根っこの部分に土や泥が多いです。

なぜかと言うと・・・

 

ほうれんそうはこういう状態で栽培されているからです。

地中に埋まっているので、出荷前に洗っても、根っこは泥が溜まっています。

 

葉っぱの部分を持って、上下にゆするとこれぐらいの土が出てきます。

同じ作業を3回ほど繰り返すと、かなり、綺麗になります。

 

※根っこをカットしないと完全に取り除くのは難しいです。

 

 

【茹でる】

フライパンの7分目までを入れて、中火で加熱します。

 

沸騰してきたら、適量のを入れましょう。

 

根っこから、お湯に入れて、1分30秒ほど茹でます。

 

ザルにあけて湯きりを行い、冷水で粗熱を取ります。

 

根っこを揃えるようにして、束ねていきます。

根っこを上、葉を下に向けて、上から下に水分を絞っていきます。

 

※絞るというよりは下に水分を送り出すイメージです。

強くやりすぎるとちぎれてしまいます。

 

根っこをカットします。

重量は184.5gです。

 

茹でる前が212.5g

茹でた後(根っこカット)が184.5gです。

 

28gほど軽くなりました。

 

まな板にのせてカットしていきます。

 

通常、和え物に使用するときは4~5cmでカットしていると思います。

ですが、冷凍の場合は多用途で使えるようにしたいので、3cmでカットしていきます。

 

3cmずつにカットしました。

 

茎の部分を中心に葉で囲むように並べます。

これを小分けにしていきましょう。

 

冷凍保存する方法を教えて

さきほど計量したときの重量は184.5gでした。

1個約30gで6個分小分けしていきましょう。

 

※茎を葉を満遍なく入れてください。

 

6個をラップで小分けしました。

 

フリーザーバッグに入れると写真のようになります。

 

調理のたびに下茹でを行うのは手間です。

なので、2束分をまとめて茹でて、小分けすると便利です。

 

冷凍保存するメリットって何?

写真はほうれんそう1束です。

葉物野菜はカサが多く、保存期間が短いのがネックです。

 

場所を取って、痛みやすいというのが、大きなデメリットです。

 

ですが、冷凍保存するときは2束分でも、写真ぐらいのサイズになります。

 

ほら、手のひらサイズです。

 

ほうれんそうは茹でる時間が1分30秒ほどなので、栄養分はほとんど流出しません。

そして、生で保存しておくより、圧倒的に長期保存が可能です。

 

ロスが少なくなります。

 

このような感じで冷凍庫に食材をストックしています。

 

食事が偏っているときに、冷凍の食材を1,2品加えるだけで驚くほど栄養バランスが整います。

 

その詳細はこちらから。

サプリメント中毒の人が馬鹿らしくなってしまうほどの完璧なスープとは

 

料理が苦手な人ほど、まとめて下処理・保存してみることをオススメします。

 

 

コードをコピー

-切り方・保存

Copyright© 満腹のポコネッタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.