未分類

果たして効果的なダイエットにつながる食事は存在するのか?

更新日:

はじめに

今回は、『果たして効果的なダイエットにつながる食事は存在するのか?』というテーマで話をしていきたいと思います。

まず、最初に多くの人のダイエットに関するイメージをまとめてみたいと思います。

おそらく、

ダイエット=痩せる=低カロリー=ハードな運動

このような認識を持っている人が少なくないと思います。

これが、多くの人が固定観念として持っているダイエットのイメージではないでしょうか。

そのため、「痩せる(ダイエットの成功)の為には、低カロリー(糖質制限)にして、エネルギーを大量に消費(ハードな運動を)する。」

このような考え方になってしまっているのだと思います。

ダイエットの方程式と言ってもいいかもしれません。

 

この考え方でないと私は痩せられませんか?

多くの人は先ほどのダイエットの方程式(固定観念)が常に頭にあるので、ダイエットの成功に自信が持てなくなります。

でも、他にも方法はちゃんとありますので心配しないでください。

まず、多くのダイエットユーザーはこのあたりの情報がごちゃごちゃになっていますので、整理していきましょう!!

 

「痩せる(ダイエットの成功)の為には、低カロリー(糖質制限)にして、エネルギーを大量に消費(ハードな運動を)する。」

 

この考え方はあくまでも、最短で「体型を変える」ことを目的とした方法です。

一番効果は出るけれど、一番厳しい方法なんですね。

わかりやすい例で言えば、試合前のボクサーや大会前のボディビルダーの追い込みに近い感じです。

なので、あなたがこの方法を選ぶ必要はありません。

 

では、少し食事の制限を軽くして、運動量を落とすとしましょう。

すると、どうなるでしょうか?

答えは『結果が出るのが緩めた分だけ遅くなる』

これだけです。

基本的にはダイエットをする時間(期間)を短くするためには、食事に制限がかかり、運動もハードになると思ってください。

食事や運動の質で違いが生まれますが、基本的には【食事】と【運動】です。

 

運動については男女で違いがありますので事前に説明しますが、男性の運動は筋肉に負荷をかけるケースがほとんどです。

ウエイトトレーニングはもちろんですが、走りこむ、泳ぐなどです。

女性の人も同じように考えている人が多いと思いますが、女性の運動は筋肉への負荷を目的としなくて大丈夫です。

使っていない筋肉を意識して柔軟性を高めることも十分な運動です。

 

行動に見合ったカラダになってしまう

カラダを鍛えるということを例にするとプロスポーツ選手が代表だと思います。

プロスポーツ選手になるためには、食事にも制限がかかり、トレーニングもハードになる。

カラダのメンテナンスもそうですね。

これと同じです。

「短期間で理想的な体型になりたいなら、それなりのことをしてくださいね。」ということですね。

ちょうどプロスポーツの例を出しましたので補足しますが、

趣味で子どもとキャッチボールをする程度でいいのなら、ラーメンを大盛りで食べて、ビールを3杯飲んで、肩を2~3回まわしてからボールを投げ始めたとしても成立するわけです。

ですが、野球チームを組んでやるならば、練習の前に動けなくなるほどの食事はしないでしょうし、ストレッチやランニングなどの準備もするはずです。

さらに、大会で勝つことを目的としているなら、多少は食事のバランスを考えたり、ジムで鍛えたりし始めるでしょう。

目指す目標によって、期間や強度が変わってきます。

プロ野球選手になりたいと考えている人が、ラーメンを大盛りで食べて、ビールを3杯飲んで、肩を2~3回まわしただけで練習を始めていたとしたなら、プロにはなれないと思います。

 

ダイエットでもしばしばこのように目的と行動にズレが生じる人を目にします。

もし、あなたがダイエット通じて何かを手に入れたいなら、ダイエットの邪魔をしている不要な何かは捨てなければいけません。

体型なんてどうでもいいと考えている人に食事や運動の改善を求める人はいないですよね。

ダイエットは決して厳しくなければ結果がでないわけではありません。

ゆるくやるのなら、結果が予定より先伸ばしになるというだけです。

奇跡は起きないので、この点についてはしっかり頭を整理してもらえたらと思います。

 

効果的なダイエットはとてもシンプルだった!?

それでは、『果たして効果的なダイエットにつながる食事は存在するのか?』についてです。

結論から言いますね。

「はい。存在します。」

存在します。では、どうすればいいのでしょうか?

きっと、あなたは

「ノニさえ食べれば痩せられますよ。」

「トマトだけ食べればOKです!!」

「ブロッコリーでダイエットは完璧です。」

このような回答を期待していると思います。

でも、答えはすでにあなたが持っています。

それは、

【極端な食事をしないこと(満遍なく色々な食材を食べること)】

【早食いをしないこと】

【腹八分目で止めること】

食事についてはこの3点だけです。

 

たったこれだけのルールで痩せるのか?と感じるはずです。

ですが、あなたが既にこれを守れているとしたら、ダイエットをする必要はないのではないかと思います。

1つずつ説明します。

 

極端な食事をしないこと(満遍なく色々な食材を食べること)】

ご飯を食べて、パンを食べて、パスタを食べて、ポテトを食べて、ラーメンを食べて・・・

このように文字に起こすと「こんな炭水化物ばかりの極端な食べ方をするわけがないじゃないですか!!」と感じるはずです。

ですが、友人や職場の同僚と居酒屋に行ったりすると、チャーハン、ピザ、パスタ、フライドポテトなどは高確率でテーブルに並ぶメニューだと思います。

みんなで分けられる料理や当たりはずれの少ない料理は注文されやすいです。

 

女性に不足しがちな鉄分を多く含む食材にレバーやあさりがあります。

健康という視点では注文したいメニューでも、このような食材は好き嫌いがあるので複数の人数で食べるときには注文しづらい料理です。

きっと優先順位が低くなるのではないでしょうか。

健康や美意識の高い女性が集まれば栄養バランスのとれた料理を選ぶと思いますが、そうでなければ大抵の場合は万人受けするメニューがテーブルに並びます。

 

先ほど触れたチャーハン、ピザ、パスタ、フライドポテトなどの料理は栄養素的に分解していくと糖質ばかりを摂取している状態です。

これは居酒屋のメニューに限らず、私がファミレスに行っても感じるのですが、サラダを意識して注文しないと野菜はほとんど摂取できませんし、どうしても糖質中心になってしまいます。

料理に付いている野菜と言っても、付け合わせの人参とブロッコリーぐらいではないでしょうか。

それぐらい日本は糖質を摂取しやすい環境が整っていますから、ダイエットで気を付けるポイントとして糖質の食べすぎには注意したほうがいいと思います。

 

例えば、コンビニのパンコーナーを見てもらうとわかります。

どれを選んでも、糖質、脂質中心の高カロリーの商品しかないことに気付くはずです。

※大手のパンメーカーのHPをチェックしてもらうと各商品のカロリー・糖質・脂質・塩分が記載されているので、ダイエット中に気を付ける商品をチェックしてみるのも面白いと思います。

 

また、お弁当のコーナーを見てもそれはさほど変わらないはずです。

幕の内弁当以外はご飯と揚げ物中心の弁当だと思います。

 

飲食店に来店するお客さんはを満足を感じる点に【コスパがいい】ことは重要だと思います。

すると、米・パン・麺などの量を増やしてお客さんにおなか一杯になってもらうのがお店側にとっても実は【コスパがいい】のです。

ちょうどおなかが空いているタイミングで「ご飯、大盛り無料ですがどうしますか?」という店員さんの一言はダイエットをしている人にとっては悪魔の囁きだと思います。

ランチを1500円かけてもいいと言うのであれば、健康を気遣った食事の選択肢は相当広がります。

ですが、500~600円でとなると先ほどのような糖質中心の食事にならざるを得ない難しさはあります。

 

ダイエットが必要な人はカロリーの過剰摂取を抑えることがメインテーマですから、どこに糖質が入っているのかを理解して「取り過ぎない」ことを意識してください。

日頃の食事では脂質よりも糖質のコントロールのほうがかなり重要です。

あなたが食事を選ぶときは野菜+〇〇というように、野菜に何を合わせるか?を考えていくだけでも効果があります。

 

早食いをしないこと

馬車馬のように働くことが美徳の日本人。

多くの方が会社員を経験していると思いますので、昼休憩の慌しさは知っていると思います。

12時~13時の1時間が休憩時間だとしたら、おそらく食事そのものの時間は15分ぐらいではないでしょうか?

弁当を持参してもそうだと思いますし、ランチを食べに行っても、「いただきます」と言ってから「ごちそうさま」までは15分ぐらいだと思います。

食べ物を口に入れてから飲み込むまでの時間が本当に短いです。

 

「30回噛んでから飲み込みなさい!!」などと小さい頃に教えられましたよね。

でも、あまり噛まずに飲み込んでしまっているはずです。

仕事の忙しさがそうさせるのか。

お店の雰囲気がそうさせるのか。

小学校の給食教育がそうさせるのか。

働くお母さんに合わせて食事をするようになった結果がそうさせるのか。

何が原因かはわかりませんが、とにかく日本人は早食いだと思います。

何が問題なのか?

①1口の量が多いので、しっかりと噛まないで飲み込んでしまう。

②噛まないので、だ液の分泌量が少ない。(消化を助けてくれない)

③胃への負担が大きい。(分解されずに腸に辿りつく)

このように体内で消化不良が続いて太りやすくなるのです。

 

私も自分の早食いの習慣を強く感じた出来事がありました。

それは、コース料理のレストランで食事をしたときのことです。

普段の生活が早食いなので、皿が空になるまでフォークやナイフを握っているのです。

こまめにハの字にフォークやナイフを置けないんですね。

なぜか手から離せないんです。

本当は1口食べたら、手を止めて、会話を楽しむ。

飲み物を口にして、会話を楽しむ。

また、会話をして、1口食べてというほうが消化の面から見てもいいと思います。

でも、そうできなくなっていました。

残念ながら、私はしばらく食事で優雅な時間を作り出すことができませんでした。

コース料理を食べるようなときでさえ、急いで食べようとしてしまうのは長年の習慣です。

あなたもその傾向があるのだとしたら、カラダのためにも早食いを改善してみてください。

 

かなりの早食いで大食いだった私が小食になり、ゆっくり食べられるようになった方法を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

【腹八分目で止めること】

あなたは自分の腹八分目がどのぐらいか感覚的にわかるでしょうか?

満腹中枢という言葉は聞いたことがあると思います。

食事を始めて20分ほどすると満腹中枢が刺激されてお腹がいっぱいになると言われています。

脳から満腹を感じる信号が送られるので、暴食を防ぐ働きがあります。

ですが、先ほどの昼食で考えてみると15分で食事を済ませてしまうので、ほとんどの人はすでに完食してしまっています。

 

本来は食べている途中で満腹中枢が刺激され、「そろそろ腹八分目ではないですか?」「無理して食べなくてもいいですよ。」とお知らせが来るはずです。

ですが、早食いのため、食べ終わってしまっているのです。

ゆっくり食べていれば、もしかしたら、60%ぐらい食べた時点で満腹中枢が反応してくれるかもしれないのに完食してしまいます。

つまり、40%は無駄に食べてしまっているかもしれません。

このような過剰摂取の積み重ねが太ることに繋がっていきます。

 

満腹中枢は神様がくれた自分のカラダを正常にキープするための超高性能センサーですから、この感覚をもっと磨いていくほうがいいと思います。

ダイエットでは新しい考え方や情報を求めてしまいがちです。

ですが、対象が【あなたのカラダ】であることに変わりはありません。

あなたのカラダを変化させるために自分と向き合う行為が続いていきます。

自分のカラダの機能を最大に活かしていく方法を考えていくことに集中したいですね。

 

かなりの早食いで大食いだった私が小食になり、ゆっくり食べられるようになった方法を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

まとめ

今回は『果たして効果的なダイエットにつながる食事は存在するのか?』についてお伝えしました。

結局、原点回帰ではありますが、

【極端な食事をしないこと(満遍なく色々な食材を食べること)】

【早食いをしないこと】

【腹八分目で止めること】

この3点はカラダに負担をかけず、スムーズに活動するために取り入れて欲しいと思います。

 

自分のカラダをいたわれる人だけがダイエットに成功できます。

この考え方はダイエットで成功するための法則のようなものです。

 

私が指導したユーザーさんが『こだわりを捨てたらダイエットに成功できました!!』とよく言っていました。

『こだわりを捨てた』とはどのようなことかと言うと、

【食事を残すこと】

【人のペースに合わせて食べること】

【払ったお金に見合った分量を食べようとすること】

これらを止めたらダイエットに成功できたと言っています。

 

これは、日本人特有の『もったいない精神』や『人と足並みを揃える協調性』を止めただけで改善できることです。

このようなマインドの変化はダイエットの成功では大いに役立ちます。

 

では、今回はここまでです。

次回は『ダイエットサプリで激やせ出来るのかを本気で考える』について話をしていきます。

●2019年3月時点でのダイエットサプリのトレンドから激やせを分析する!?

●なぜ、商品広告ではこんなフレーズを過剰に使用するのか!?

を説明していきます。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コードをコピー

-未分類

Copyright© 満腹のポコネッタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.