スタンダードスープ 300~399kcalのスープ 魚介 豆類 和風(味噌・醤油)

春菊のほろ苦い旨み、ぎんなんとタラのすり身のダイエット団子スープ

更新日:

こんにちは、食物繊維王のkiiioです。

今回は、『春菊のほろ苦い旨み、ぎんなんとタラのすり身のダイエット団子スープ』を紹介していきます。

 

フライパン1つで作れるダイエットスープレシピです。

 

最初にダイエットスープには3つのポイントがあります。

 

①低カロリー

②栄養バランスが整っている

③簡単に作れる

 

普段、心掛けているけれど、この問題をうまくクリアできていないのではないでしょうか?

 

忙しいあなたのために、この3つのポイントを解決するおいしいレシピを紹介していきます。

 

では、前置きは以上にして、今回もダイエット仕様のスープを作っていきましょう!!

 

超かんたん!!

目で憶えるダイエットスープ

です。

 

春菊のほろ苦い旨み、ぎんなんとタラのすり身のダイエット団子スープ

完成写真です。

 

春菊の風味。ぎんなんとタラのすり身の団子がアクセントになったスープです。

秋食材のぎんなんを創作したレシピになります。

 

食材紹介

食品名 1人分 2人分
春菊 40g 80g
たまねぎ 100g 200g
じゃがいも 70g 140g
生姜 7.5g 15g
ぎんなん 25g 50g
ミックスビーンズ 55g 110g
タラのすり身 80g 160g

※計量した重さから、皮などを取り除いた食べられる重さ(可食重量)を記載しています。

写真の量は2人分です。

 

食材カット

春菊1cm幅にカット。

たまねぎ半分に切って、1/2を1cm幅にカット。

じゃがいも半分に切って、1/2を1cm幅にカット。

生姜1cm幅の繊切り。

ぎんなん十字にカット。

 

下処理

ぎんなんタラのすり身を混ぜ合わせます。

ポイント

①手にごま油を付けて、タネが手にくっつかないようにします。

を適量振って、混ぜていきます。

③ゆるい場合はでんぷんを入れて、硬さを調節します。

 

調理開始

フライパンにを入れて、沸騰させます。

 

自家製ダシ(昆布・煮干・かつお節)を入れて、2~3分煮ていきます。

 

ダシがとれたら、パックは取り出します。

 

生姜を入れます。

 

じゃがいもを入れます。

 

たまねぎを入れます。

じゃがいもとたまねぎを中火で5分ほど煮ていきましょう。

 

ミックスビーンズを入れます。

 

醤油・少量のみりんを入れます。

 

※この時点では野菜しか入れていないので、調味料の味しかしないと思います。

タラを入れてから、味付けの最後の調整を行います。

 

弱火に切り替えて、春菊の茎の部分を入れます。

 

ぎんなんとタラのすり身を団子にして、入れていきます。

 

春菊の葉を入れて、2分ほど煮ましょう。

 

最後に少量の塩・砂糖などで調整します。

 

盛り付け・完成

お皿に盛り付け、ぎんなんとタラの団子を最後にのせて完成です。

 

1食分は1.5杯です。

 

1人分の食物繊維量は?

食品名 1人分 食物繊維量
春菊 40g 1.3g
たまねぎ 100g 1.6g
じゃがいも 70g 2.45g
生姜 7.5g 0.15g
ぎんなん 25g 0.6g
ミックスビーンズ 55g 6.15g
タラのすり身 80g
合計 12.3g

 

参考

1日の食物繊維摂取目安

・男性 20g

・女性 18g

 

食物繊維は1日の2/3の12.3gです。

カロリーは300kcalです

 

 

『ぎんなんを使ったスープレシピを紹介して欲しい!!』

というニーズをいただいて考えたレシピです。

 

ぎんなんが好きな人は多いと思います。

でも、料理で使うとなると【酒のつまみに焼いて食べる】でおしまい。

 

ちょっと脇役感が強いですよね?

 

ぎんなんをカットして、タラのすり身に練り込むことでメインに昇格です。

 

秋らしい食材に春菊の苦味が加わった、大人の一皿に仕上がっています。

 

もちろん、ダイエット中の方にオススメしたいスープです。

 

 

今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コードをコピー

-スタンダードスープ, 300~399kcalのスープ, 魚介, 豆類, 和風(味噌・醤油)

Copyright© 満腹のポコネッタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.