スタンダードスープ 豆類 カレー・シチュー味

スープカレーで低カロリーなダイエットスープを楽しむためのレシピ

更新日:

こんにちは、食物繊維王のkiiioです。

今回は、『スープカレーで低カロリーなダイエットスープを楽しむためのレシピ』を紹介していきます。

 

フライパン1つで作れるダイエットスープレシピです。

 

最初にダイエットスープには3つのポイントがあります。

 

①低カロリー

②栄養バランスが整っている

③簡単に作れる

 

普段、心掛けているけれど、この問題をうまくクリアできていないのではないでしょうか?

 

忙しい皆さんのために、この3つのポイントを解決するおいしいレシピを紹介していきます。

 

では、早速、ダイエット仕様のスープを作っていきましょう!!

 

超かんたん!!

目で憶えるダイエットスープ

です。

 

スープカレーで低カロリーなダイエットスープを楽しむためのレシピ

完成写真です。

 

カレールーの量を調整して作ったスープカレーです。

大根がたくさん余ってしまったときに消費できるメニューになります。

 

食材紹介

食品名 1人分 2人分
大根 300g 600g
たまねぎ 75g 150g
にんじん 75g 150g
いんげん 25g 50g
にんにく 5g 10g
しめじ 50g 100g
ミックスビーンズ 55g 110g

※計量した重さから、皮などを取り除いた食べられる重さ(可食重量)を記載しています。

写真の量は2人分です。

 

食材カット

大根・にんじん乱切り

たまねぎは大根・にんじんのサイズに合わせて1/2にカット。

いんげん2~3cmの斜め切り

にんにくスライス

しめじほぐし

 

下処理

いんげんを下茹でするので、いんげんの量に合わせたを用意して沸騰させます。

 

少量の塩を入れて、いんげんを茹でます。

茹で過ぎると色落ちするので、2分ぐらいでザルにあけましょう。

 

ザルにあけたら、水切りしておきます。

スープが完成するときに入れます。

 

調理開始

フライパンを熱したら、オリーブオイル10cc入れます。

 

火を弱火にして、にんにくを炒めます。

※強火でにんにくを入れるとすぐに焦げるので注意してください。

 

大根ににんにくの香りが回るように炒めていきます。

 

にんじんを入れて、大根と同様に炒めていきましょう。

 

たまねぎを入れて炒めていきます。

 

香辛料を入れます。

・カレー粉

・ガラムマサラ

・クミン

・ターメリック

などです。

※香辛料は油で炒めると香りや辛味などが強くなるので、好みに合わせて入れるといいですよ。カイエンペッパーなどを先に入れると辛味が増します。

 

しめじが崩れてしまうので、香辛料がなじんでからしめじを入れます。

 

底から全体をザックリ混ぜ合わせます。

 

食材が浸るぐらいまでを入れて煮ていきます。

 

20分ぐらい煮ていきます。

食材の中で一番火が通りづらいのは大根なので、竹串や爪楊枝などで硬さをチェックします。

大丈夫なら、ミックスビーンズを入れましょう。

 

カレールーを入れます。

分量は通常の半分程度です。

 

トロっとさせると中途半端なカレーになってしまうので、トロミがつかないぐらいの分量を入れるのがポイントです。

味が決まらないときは塩・黒コショウを入れると味が締まります。

 

味が決まったら、茹でておいたいんげんを入れます。

 

盛り付け・完成

皿に盛り付けて完成です。

 

彩りが綺麗なので盛り付けに手間が掛かりません。

スープをすすってスパイシーさに欠けるようなら、黒コショウをプラスしてもいいですよ。

 

1人分の食物繊維量は?

食品名 1人分 食物繊維量
大根 300g 3.9g
たまねぎ 75g 1.2g
にんじん 75g 1.8g
いんげん 25g 0.6g
にんにく 5g 0.3g
しめじ 50g 1.0g
ミックスビーンズ 55g 3.75g
合計 12.6g

 

参考

1日の食物繊維摂取目安

・男性 20g

・女性 18g

 

食物繊維は1日の2/3近い、12.6gです。

 

大根を1人分で300g摂取できるのもスゴイです。

そして、ミックスビーンズ55gで3.75gの食物繊維を摂取できるのは見逃せません。

 

たんぱく質というと、肉、魚、卵をイメージする人が多いと思います。

ですが、たんぱく質を多く摂取できるもので食物繊維を含んでいるのは、植物性の豆類だけだというのは憶えておくといいです。

 

ダイエット中で高たんぱく食にするとしたら、動物性たんぱく質+植物性たんぱく質をミックスして摂取することをオススメします。

 

例えば、ダイエットやトレーニングに真剣に取り組むと【鶏のささ身】だけを摂取する人がいます。

ですが、特定の栄養素に偏ってしまうので、他の肉類、魚、卵、そして、豆類を組み合わせてみましょう。

 

ダイエット食で固定したメニューばかりを食べ続ける精神的な停滞感を取り除けるはずです。

 

 

今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コードをコピー

-スタンダードスープ, 豆類, カレー・シチュー味

Copyright© 満腹のポコネッタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.