スタンダードスープ 魚介 塩・コショウ味

魚介の旨みが香る、モロヘイヤとホタテの絶品ダイエットスープ

更新日:

こんにちは、食物繊維王のkiiioです。

今回は、『魚介の旨みが香る、モロヘイヤとホタテの絶品ダイエットスープ』を紹介していきます。

 

フライパン1つで作れるダイエットスープレシピです。

 

最初にダイエットスープには3つのポイントがあります。

 

①低カロリー

②栄養バランスが整っている

③簡単に作れる

 

普段、心掛けているけれど、この問題をうまくクリアできていないのではないでしょうか?

 

忙しい皆さんのために、この3つのポイントを解決するおいしいレシピを紹介していきます。

 

では、早速、ダイエット仕様のスープを作っていきましょう!!

 

超かんたん!!

目で憶えるダイエットスープ

です。

 

魚介の旨みが香る、モロヘイヤとホタテの絶品ダイエットスープ

これが、完成写真です。

 

食材紹介

食品名 1人分 2人分
豆もやし 40g 80g
モロヘイヤ 50g 100g
にんじん 30g 60g
たまねぎ 50g 100g
しめじ 35g 70g
ほたて 80g 160g

※計量した重さから、皮などを取り除いた食べられる重さ(可食重量)を記載しています。

写真の量は2人分です。

 

食材カット

ほとんどの食材を2~3cmの長さにカットしています。

豆もやしは長さにバラつきがあるので、包丁で何回かカットするといいです。

 

下処理

モロヘイヤを事前に下処理しておきます。

沸騰した鍋に塩を振っておき、モロヘイヤを入れます。

茎は捨ててしまうので、半分より上の部分に火が通っていれば大丈夫です。

 

茹で時間は30~40秒です。

茹で過ぎるとかなりネバネバしてきますので、注意してください。

 

冷まして、水分を絞った状態です。

 

モロヘイヤの茎の部分は硬くて食べられません。

写真ぐらいの位置でカットして、下の部分は捨ててください。

 

調理開始

熱した鍋にオリーブオイルを10g入れます。

 

たまねぎを入れます。

 

にんじんを入れます。

 

豆もやしを入れます。

 

しめじを入れます。

 

鍋に油分はほとんどありませんが、他の食材と炒めていくと、たまねぎなどに含まれた油分で柔らかくなっていきます。

油はプラスしないでください。

 

これぐらいの状態になったら、水を入れていきます。

 

水分1/2ほど入れます。

 

ほたてを入れます。

 

5分ほど煮ていくと、ほたての旨みでスープが白っぽくなってきます。

 

魚介のスープは旨みが強めなので、味付けをする感覚ではなく、味を整える感覚で調味料を入れてください。

塩・コショウ。風味付けに醤油を少量入れる程度でOKです。

 

最後に、2~3cm幅にカットしたモロヘイヤを入れます。

 

盛り付け・完成

盛り付けたら、黒胡椒を振って完成です。

写真の1.5杯分の量が1人分になります。

 

1人分の食物繊維量は?

食品名 1人分 食物繊維量
豆もやし 40g 0.9g
モロヘイヤ 50g 2.95g
にんじん 30g 1.2g
たまねぎ 50g 0.8g
しめじ 35g 1.05g
ほたて 80g
合計   6.9g

 

参考

1日の食物繊維摂取目安

・男性 20g

・女性 18g

 

食物繊維は1日の1/3の6.9gを1回で摂取しています。

 

今回のスープでは、モロヘイヤがポイントです。

1人分で2.95gの食物繊維量はかなり優秀ですし、スープの彩りとしての葉物野菜の魅力もあります。

 

モロヘイヤそのものから、ネバネバしたトロミが出てきますので、スープ全体に一体感が出て、ほたての旨みが凝縮されます。

 

ポイント

【ネバネバした食品の食物繊維(100mgあたり)】

・モロヘイヤ  5.9g

・オクラ  5.0g

・なめこ  3.4g

・納豆  6.7g

・大和芋  2.5g  

 

一般的な食材では、100gで食物繊維が1.0g以下というのは普通です。

ですが、ネバネバ系の食品は相対的に食物繊維が多い傾向にあります。

 

1日に1回でも、上記の食品を1品でも摂取すれば、腸内環境の手助けになるはずです。

 

 

では、今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コードをコピー

-スタンダードスープ, 魚介, 塩・コショウ味

Copyright© 満腹のポコネッタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.