スタンダードスープ 和風(味噌・醤油)

なめこ味噌汁でダイエット効果を上げる!?5分で作れる簡単レシピ

更新日:

どうも、食物繊維王のkiiioです。

今回は、『なめこ味噌汁でダイエット効果を上げる!?5分で作れる簡単レシピ』を紹介していきます。

 

フライパン1つで作れるダイエットスープレシピです。

 

最初にダイエットスープには3つのポイントがあります。

 

①低カロリー

②栄養バランスが整っている

③簡単に作れる

 

普段、心掛けているけれど、この問題をうまくクリアできていないのではないでしょうか?

 

忙しい皆さんのために、この3つのポイントを解決するおいしいレシピを紹介していきます。

 

では、早速、ダイエット仕様のスープを作っていきましょう!!

 

超かんたん!!

目で憶えるダイエットスープ

です。

 

なめこ味噌汁でダイエット効果を上げる!?5分で作れる簡単レシピ

これが、完成写真です。

特別、変わったことはしていませんので、皆さんが普段作る味噌汁と同じように作っていきましょう。

 

食材紹介

食品名 1人分 2人分
大根 60g 120g
にんじん 30g 120g
ネギ 40g 80g
きくらげ 20g 40g
なめこ 50g 100g

※計量した重さから、皮などを取り除いた食べられる重さを記しています。

写真の量は2人分です。

 

食材カット

大根、にんじん、きくらげは3cmぐらいの長さに切っています。

なめこの臭みが気になる人は軽く湯通ししておきましょう。

 

大根は大根サラダくらいの細さなので、生で食べられるサイズです。

茹でても、短時間で火が通ります。

 

調理開始

鰹ダシのスープの中に大根を入れます。

大根が大きい場合は水から茹でたほうがいいですが、細いのでそこまで気にしなくても大きな違いはありません。

 

にんじんを入れます。

2~3分の茹で時間で充分です。

 

きくらげを入れます。

 

味噌で味付けをしたらなめこを入れます。

 

味噌汁の味付けがうまくいかない(塩分が強い)ときは少し水分をプラスして、酒やみりんなどを入れると落ち着きます。

ダシをしっかりとっているときは、味付けは7~8割程度のイメージで大丈夫です。

 

ネギを多めに切ってあるので、7割は味噌汁の中に入れます。

残りはお椀に盛り付けてから散らします。

 

盛り付け・完成

お椀に盛り付けたら、ネギをのせて完成です。

写真の1.5杯分の量が1人分になります。

 

参考メニュー

夕食のイメージです。

 

・まぐろアボカドのととろ丼

・なめこの味噌汁

 

合計 480kcal です。

 

1人分の食物繊維量は?

【なめこの味噌汁】

食品名 1食分 食物繊維量
大根 60g 0.85g
にんじん 30g 1.4g
ネギ 40g 0.7g
きくらげ 20g 1.05g
なめこ 50g 1.3g
合計   5.3g

 

【まぐろアボカドのととろ丼】

食品名 1食分 食物繊維量
アボカド 25g 1.35g
長いも 50g 0.5g
焼き海苔 0.75g 0.4g
大葉 0.75g 0.05g
    2.3g

 

1食合計 7.6g

 

参考

1日の食物繊維摂取目安

・男性 20g

・女性 18g

 

どうにか、1日の1/3量の食物繊維量に達しました。

スープをシンプルにすると、どうしても1食の食物繊維量は不足してしまいます。

 

そのため、今回は食物繊維を含んだ食材を主食の丼物に使っています。

 

このあたりが、食物繊維の摂取で苦労するところかもしれません。

 

 

もし、牛丼のような丼物を1品で食べてしまうと、食物繊維は1.0gぐらいしか摂取できません。

 

できるだけ、野菜を積極的に食べる工夫を行なっていきましょう。

なめこは味噌汁と好相性なので、ダイエット中で食が進みづらいときに使いやすい食材です。

 

食物繊維が豊富なので、僕も定期的に使用しています。

 

 

では、今回はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コードをコピー

-スタンダードスープ, 和風(味噌・醤油)

Copyright© 満腹のポコネッタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.