スタンダードスープ 豆類 和風(味噌・醤油)

余分な脂肪をカットした鶏ささみと根菜のダイエットスープ

更新日:

どうも、食物繊維王のkiiioです。

今回は、『余分な脂肪をカットした鶏ささみと根菜のダイエットスープ』を紹介していきます。

 

フライパン1つで作れるダイエットスープレシピです。

 

最初にダイエットスープには3つのポイントがあります。

 

①低カロリー

②栄養バランスが整っている

③簡単に作れる

 

普段、心掛けているけれど、この問題をうまくクリアできていないのではないでしょうか?

 

忙しい皆さんのために、この3つのポイントを解決するおいしいレシピを紹介していきます。

 

では、早速、ダイエット仕様のスープを作っていきましょう!!

 

【超かんたん!!目で憶えるダイエットスープ】です。

 

余分な脂肪をカットした鶏ささみと根菜のダイエットスープ

これが、完成写真です。

イメージは豚汁の作り方と同じでOKです!!

 

食材紹介

食品名  1人分 2人分
ごぼう 60g 120g
にんじん 35g 70g
大根 75g 150g
ねぎ 25g 50g
まいたけ 35g 70g
こんにゃく 50g 100g
豆腐 100g 200g
鶏ささみ 60g 120g

※軽量した重さから、皮などを取り除いた食べられる重さを記載しています。

写真の量は2人分です。

 

根菜類を多く摂取できると食物繊維量が増加しやすいです。

 

食材カット

切り方は各家庭の特徴があると思います。

サイズ感は1つの目安にしてください。

 

ダイエット中に時短で作ることをテーマにしています。

 

調理開始

3mmほどのスライスにしていますが、根菜類なので先に入れていきます。

 

続いてにんじんを入れます。

 

ごぼうを入れます。

大根・にんじん・ごぼうは同時で平気です。

 

5分ほど煮ると根菜類独特のアクが出てくるのですくいましょう。

 

こんにゃくを入れます。

 

鶏肉のささみを入れます。

 

まいたけを入れます。

 

すみません・・・

 

写真撮り損ねてしまいましたが、この後で豆腐と味噌を入れています。

 

盛り付け・完成

お椀に盛り付けたらネギをプラスして完成です。

 

写真の量の2杯分が1人前です。

 

鶏のささみと豆腐が入っているので、低脂質で高たんぱくな食事です。

 

特に1日の最初の食事を高たんぱくにすると、空腹感を抑えることができます。

さらに、食物繊維も空腹感を抑えることがわかっていますので、ダイエット中の人にオススメしたい汁物です。

 

1人前の食物繊維量は?

食品名 1食分 食物繊維量
ごぼう 60g 3.5g
にんじん 35g 1.0g
大根 75g 1.05g
ネギ 50g 0.8g
まいたけ 35g 1.25g
こんにゃく 50g 1.1g
豆腐 100g 0.9g
鶏ささみ 60g
合計   9.6g

 

参考

1日の食物繊維摂取目安

・男性 20g

・女性 18g

 

豚汁(鶏汁)のような具だくさんのスープは食物繊維を1日の1/2量ほど摂取できます。

 

僕は1日30gを目標に食物繊維の摂取を心掛けています。

 

これは、生活習慣病に挙げられるような多くのリスクを食物繊維が軽減してくれることがわかっているからです。

そのため、基準を高くして摂取しています。

 

厚生労働省としては、『食物繊維を1日に27~30g摂取しましょう!!』と言いたいところですが、

現状の摂取量は14.5gです。

 

いきなり2倍の目標は無理なので、国民に対しては25%程度の増加を改善目標に掲げています。

なので、食物繊維は完全に不足しています。

 

これからも食物繊維たっぷりのスープを紹介していきますので、健康なカラダを目指していきましょう!!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コードをコピー

-スタンダードスープ, , 豆類, 和風(味噌・醤油)

Copyright© 満腹のポコネッタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.