コンビニ食

コンビニで食物繊維ダイエット【ファミリーマートの特別編】

更新日:

ダイエット中にコンビニで買ってもいいスープってありますか?

できれば、食物繊維が入っていて太りづらいとうれしいんだけど・・・

 

今回はこのような疑問に答えていきます。

 

コンビニで食物繊維ダイエット【ファミリーマートの特別編】

普段は『コンビニの●●でも食物繊維を摂取できる!!』をテーマにしています。

 

ダイエット中は食事を我慢することもあると思うので、お腹が空きますよね?

想定外の時間にお腹が空いてしまうこともあるのではないでしょうか?

 

でも、夏場は食欲そのものが落ちやすい季節です。

6月に入って30℃近い日が増えてきました。

ダイエット中で制限しているのに、暑さで『いまいち食欲が湧かない~』ということもあるはずです。

 

今回はそんな夏を先取りして、食欲の悩みを解消できるような商品を紹介していけたらと思います。

特別編として、『スープ』を3品紹介します。

 

この企画を考えてから、コンビニに立ち寄る機会が増えました。

市販の商品はかぶっているものも多いのですが、PB商品(プライベートブランド商品)は独自の戦略があっておもしろいなと思っています。

 

今回はファミリーマートのPB商品です。

2018年から『お母さん食堂』シリーズがスタートして、元SMAPの香取慎吾さんをイメージお母さんとして起用しています。

(慎吾ママの影響力おそるべし!!)

惣菜に力を入れているようなので、今後、セブンイレブンとの差別化にも注目していきたいと思います。

 

お母さん食堂 冷たいとうもろこしのスープ

冷蔵庫から出したばかりです。

価格:148円+税  159円

 

食物繊維の入ったスープの味はどうか?

カップに入れてみると、本当になめらかです。

袋にもあまり残らないでキレイに出てきます。

内容量:160g

 

エネルギー:87kcal

脂質:3.7g

食物繊維:0.6g

 

ポイント

・カロリーは控えめ

・脂質も少なめ。

・食物繊維は少量

 

栄養価の優れている点があるとアピールしやすいのですが、とても普通です。

 

食べた感想と個人的な意見

味:★★★★

匂い:★★★

舌触り:★★★★

とまらない度数:★★★

 

写真の通りで160gはスープカップの8分目です。

 

裏ごしされていて、コーンの粒がないので、味わいながらスプーンですするだけです。

温かいコーンスープと比べるとお腹に溜まる感覚は少ないと思います。

 

結論

オススメ度:★★★

 

スープだけで食べると、とてもシンプルで素朴な優しい味ですが、裏を返すと『コレっ!!』と言った特徴がないとも言えます。

ちょっと味の濃いものを食べてしまうとコーンスープの味わいは消えてしまうと思います。

それぐらい、繊細な味付けです。

 

食物繊維は0.6gなので、メニューの中の一品ぐらいに考えておくといいですね。

あえて、合う食事を挙げるとしたら、ハムとレタスのサンドイッチ、ブリトーあたりでしょうか?

 

冷たいスープを飲むときはどんな料理を食べれば、食物繊維が取れるんでしょうか?
ポイントは2つだよ。

1.パンは全粒粉やライ麦、ブランなどから食物繊維を獲得する。

2.サラダで野菜を確保する(海藻やナッツ類を使うのもOK!!)。

こんな感じかなぁ。

 

 

 

お母さん食堂 冷たいじゃがいものスープ

価格:148円+税  159円

 

食物繊維の入ったスープの味はどうか?

じゃがいものスープもとてもなめらかです。

内容量:160g

 

メインの栄養成分はこちら。

エネルギー:103kcal

脂質:5.0g

食物繊維:0.3g

 

ポイント

・カロリーは普通。

・脂質はそこそこ。

・食物繊維はやや少なめ。

 

野菜たっぷりではないスープの栄養価はだいたいこんな感じです。

じゃがいもの食物繊維が100gで1.3gなので、160gで1.0g程度を期待していました。

ですが、水分を加えてのばすので、実際のじゃがいもの使用量は少ないです。

食物繊維が0.3gぐらいです。

 

食べた感想と個人的な意見

味:★★

匂い:

舌触り:★★★★

とまらない度数:

 

終始、乳製品っぽい味のあとに半生のじゃがいもの臭みが追いかけてきます。

これは、乾燥ポテトを使っているからだと思います。

 

開封して匂いを嗅ぐと脱脂粉乳っぽい匂いもします。

原材料にホワイトソースとチキンエキスが合わさった匂いですね。

 

結論

オススメ度:

 

全部飲めません。

半分ぐらい飲んでからレンジで温めて、塩と粗挽きのコショウを振りました。

まだ、コンビニのクオリティが低かった頃の20年前のレトルト商品を彷彿とさせます。

ちょっと添加物感を強く感じました。

 

一緒に食べたい料理は?

冷製スープを温めてしまっている時点で、そういう話ではなくなっていますよね。

強いて言えば、ソース系の味の濃いものか、辛いものと一緒なら飲めると思います。

 

コンビニ商品って食品添加物を多く使っているんですか?
おっ!!するどい質問ですね~。

まず、多いということはないです。国が定めた基準がありますよ。

食品添加物って【天然】【合成】の区別はないんですね。

食品を加工するときに調味料、保存料、着色料として使用されれば、全て食品添加物になります。

では、今回の違和感はなんでしょう?
そうですね。

一言でいうと【配合】と【時間】ですね。

食べ物が作り出す『おいしい』っていろんな要素がありますよね?

味だけではなくて、食感を維持するためには形状が安定しないといけないし。

味に合った匂いも重要です。

バランスがちょっとでも崩れると今回のようなことが起きちゃうんですよ。

 

お母さん食堂 冷たいかぼちゃのスープ

価格:148円+税  159円

 

食物繊維の入ったスープの味はどうか?

かぼちゃのきれいな色が出ています。

内容量:160g

 

エネルギー:81kcal

脂質:3.0g

食物繊維:0.5g

 

ポイント

・カロリーは控えめ

・脂質も少なめ。

・食物繊維は少量

 

食べた感想と個人的な意見

味:

匂い:

舌触り:★★★★

とまらない度数:

 

1口すすって、かぼちゃの味がしませんでした。

蒸したり、煮たりすると出てくる、かぼちゃ独特の甘みがなかったのにショックを受けましたね。

 

このスープにも脱脂粉乳の味がしています。

原材料を確認すると、また、ホワイトソースとチキンエキスが入っていました。

 

結論

オススメ度:

 

全部飲めません。

じゃがいものスープ同様にひどいです。

ポジティブな感想を伝えたいのですが、なぜこのレベルのものを商品化したのか疑問しか残りません。

 

先日、『最近のコンビニはクオリティが高い』という記事を書きましたが、ちょっと冷静に商品を見ていこうと感じてしまいました。

 

【おいしい】と【安全】って中食産業ではものすごく重要だと思うんですが・・・
そのとおりだね。

で、最近はその2つ以外に【健康】ってテーマがプラスされてる。

確かに年々ハードルが上がってきてますね。
なんかね、考え方だと思うんだけど、【おいしい】+【安全】+【健康】っていう感じで足し算をしてきてる気がするんだよね。

お客さんのニーズを次々に足してきちゃってる。

本当は最高の食材は【おいしい】し、【安全】だし、【健康(栄養が豊富)】だと思うんだけどね。

 

まとめ

今回は『コンビニで食物繊維ダイエット【ファミリーマートの特別編】』について解説してきました。

役に立てていただけたらうれしいです。

 

では、おさらいをしていきましょう。

 

注意ポイント

◆コンビニで食物繊維ダイエット【ファミリーマートの特別編】

近年、惣菜に力を入れている。

1人用の惣菜がかなり豊富。

・・・・・・・・・・・・

◆お母さん食堂 冷たいとうもろこしのスープ

普通

・・・・・・・・・・・・

◆お母さん食堂 冷たいじゃがいものスープ

オススメしない

・・・・・・・・・・・・

◆お母さん食堂 冷たいかぼちゃのスープ

オススメしない

 

これからもコンビニシリーズは継続していきます。

今回のようなこともありますし、掘り出し物の商品もあると思います。

たくさんの商品を紹介しながら、あなたの選択肢を増やしていけたら嬉しいです。

 

今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コードをコピー

-コンビニ食

Copyright© 満腹のポコネッタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.